矢矧晴一郎の雑誌記事

雑誌Forbes(フォーブス)は、米国の企業経営関連雑誌です。

日本版が月刊で、毎月1日に発行されています。

そのフォーブスの2000年5月号に、矢矧晴一郎の記事がのりました。


特集記事の名は

”強い企業”を創造するプロフェッショナル コンサルティング・ファーム活用術

矢矧の記事は、特集の最初に出ています。

「勝ち組」「負け組」はコンサルティング・ファームの活用で決まる

タイトルの下の文章は、次のようになっていました。

日本でもコンサルティング・ファームの存在がクローズアップされてまきた。

では、今なぜコンサルティング・ファームなのか。

コンサルティング・ファームの効果的な活用法を、アメリカと日本で長年、

経営コンサルタントとして活躍してきた矢矧晴一郎氏に聞く。






インタビュー記事での質問 …… 

***** 不可能を可能にする

近年、コンサルティング・ファームが注目されるようになりましたが、それはどのような事情によるものなのでしょうか?

最近増えている依頼には、どのような事例が多いのでしょうか?

事業の再編や新事業への進出、新製品・新サービスの開発などは、コンサルティング・ファームに依頼するまでもなく、

社内でできることではありませんか?


***** 時代の羅針盤の役割を果たす

IT(情報技術)の成果をいかに取り入れるか、それがこれからの企業成長のかぎを握っていると言われます。

ITに関する相談や依頼も多いのではありませんか?

企業がこんさるてぃんぐ・ファームを勝つようする場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

コンサルティングの成果を高めるために、企業はどのような姿勢で臨めばよいのでしょうか?





コンサルティング・ドキュメントの4ペ−ジ(162−165page)も、矢矧経営研究所の取材協力で事例を提供しました。





マウスクリックで、トップページへ戻ります